【続報】秋の彩り 源氏物語の時代から受け継がれた「おもてなしの心」を京都ブランドで - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

【続報】秋の彩り 源氏物語の時代から受け継がれた「おもてなしの心」を京都ブランドで

今年最後の大型連休となりました。テレビを見ていたら、京都は朝から人の波。錦秋の京都。色づいた紅葉が暮秋の陽に照らされ、きらきら光ります。まさに秋の彩り。

さて、本年11月9日の当web「地域団体商標・地域ブランド情報」でお伝えしました社団法人京都府食品産業協会のイベント「秋の彩り〜『源氏物語』の時代より、京都・日本に受け継がれし“おもてなし”の心」がいよいよ迫ってきました。

このプログラムへの参加、「ほんとに無料でいいのですか」と聞きたくなるぐらいの豪華メンバーですね。パネルディスカッションのスピーカー。11/26は

株式会社ザ・ウィンザーホテルズインターナショナル代表取締役社長 窪山哲雄氏
瓢亭十四代当主 橋英一氏
京都新聞社報道局次長・文化報道部長 上田耕滋氏
京菓子協同組合理事長 石原義正氏

ウィンザーホテルズインターナショナルの窪山さんは、京都と2008年のサミット開催地を競って開催会場を射止めた北海道のホテルの社長さんでしたよね。高橋さんは京都最上級の京料理「瓢亭」のご当主。石原さんといえば"京のおもてなし"の代名詞ともいえる京菓子「俵屋吉冨」。俵屋さん。

11/27のパネリストは

京町家再生研究会事務局長 小島冨佐江氏
半兵衛麩十一代当主 玉置半兵衛氏
セコム株式会社特品部「セコムの食」担当課長 吉田敦氏

「京麩」といえば半兵衛麩さん。地域団体商標の出願はまだでした。
そして、異色は「セコム」でしょうか。
警備会社のセコムがなぜ「食」なのか。おもてなしやホスピタリティとどう関わっているのか。「食」を警備しちゃうのかな…。なワケないですよね。OK FOOD。安全な食へのこだわりや、セコムだからこそ可能なビジネスについてのお話が聴けそうです。

いかがでしょう。豊富なプログラムの中でパネルディスカッションひとつとっても興味が尽きませんね。11/26の月曜日、11/27の火曜日、京都に行きましょう。楽しみです。

▼「京麩」検索結果〔楽天〕



この記事へのコメント
おお!宣伝されてますね。
明日から2日間、会場で頑張ります。
Posted by へから夫人 at 2007年11月25日 13:53

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68923781

この記事へのトラックバック

秋の彩り
Excerpt: ずっと、仕事で忙しいです{/body_run/}。 この忙しさ、11月末まで続きそうです。 そのお仕事の内容は・・・・。 こちらっ! 11月26日(月).27日(火)の2日間 ハイアット リージ..
Weblog: へから夫人的発言!〜こんなはずじゃぁ・・・
Tracked: 2007-11-25 13:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。