地域団体商標と「相互扶助の精神」 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域団体商標と「相互扶助の精神」

秋田県の20年来の友人から、こんな質問を受けました。
「地域団体商標を登録して、地域ブランドのブランド価値を高めるための最重要ポイントとは」
        ↓
        ↓
        ↓
その答えは「相互扶助の精神」です。
例えば、みなさんの協同組合の定款。

<中小企業等協同組合の場合>
第1条(目的)
本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もつて組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

<農業協同組合の場合>
(目的)
第1条 この組合は、地域の農業生産の振興を旨として、組合員の相互扶助の精神に基づき、協同して組合員の事業及び生活のために必要な事業を行い、もつてその経済状態を改善し、かつ、 社会的地位の向上を図ることを目的とする。

いかがでしょうか。協同組合の定款第1条には、必ず「相互扶助の精神」という言葉が挿入されています。さらに、中小企業等協同組合法第1条にも、次のとおり「相互扶助の精神」という言葉が登場します。

(法律の目的)
第1条
この法律は、中小規模の商業、工業、鉱業、運送業、サービス業その他の事業を行う者、勤労者その他の者が相互扶助の精神に基き協同して事業を行うために必要な組織について定め、これらの者の公正な経済活動の機会を確保し、もつてその自主的な経済活動を促進し、且つ、その経済的地位の向上を図ることを目的とする。

では、なぜ「地域団体商標を登録して、地域ブランドのブランド価値を高めるための最重要ポイントとは」の答えが「相互扶助の精神」なのでしょうか。

みなさん、「相互扶助の精神」とは、コンピュータに例えると「ウィンドウズ」のようなものです。
あなたのパソコンを正常にオペレートしてくれる「ウィンドウズ」。

みなさんがパソコンを操作する際、「ウィンドウズ」を意識する必要はあまりないかもしれません。しかし、この「ウィンドウズ」が正常に動作しなくなったとしたら、あなたはワープロも表計算も、メールの受発信すらできなくなる可能性がありますよね。

一方、「相互扶助の精神」を忘れた協同組合、「相互扶助の精神」が発揮されない協同組合はどうでしょう。「ウィンドウズ」が正常に動作しなくなったパソコン同様、「相互扶助の精神」が発揮されない協同組合では、共同購買事業も、共同受注事業も、共同販売事業も、共同検査事業も、共同宣伝事業も、福利厚生事業すら正常に機能しないかもしれません。

だからこそ、「相互扶助の精神」が必要なのです。

地域団体商標を登録して、地域ブランドのブランド価値を高めるための最重要ポイントとは、まず「相互扶助の精神」です。あなたの協同組合は、「相互扶助の精神」が発揮されていますか。

<「相互扶助の精神」に言及した地域団体商標・地域ブランド情報の過去記事は次のとおり>
●地域団体商標 同一・類似登録出願のその後/2007年03月28日
●地域団体商標登録査定発表報道 追加版/2006年10月28日
●協同組合の行方/2006年08月21日
●競合する地域団体商標出願を調整する方法/2006年08月01日
●独禁法の適用に揺らぐ「相互扶助の精神」/2006年07月26日

<「相互扶助の精神」に関する参考記事>
●東国原知事、太宰府に行きましょう!/東国原式。ひがしこくばるしき。2007年11月08日

<「相互扶助の精神」に言及した中小企業論>

生き残れる組織生き残る国




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65737999

この記事へのトラックバック

大分県農業協同組合が設立
Excerpt: 16の農協が合併した「大分県農業協同組合」の設立記念 の式典が1日、大分市で開かれ、正組合員の数が6万6000 人という県内最大の農協が誕生しました。
Weblog: とにかく、前向き!!ひかりの新聞情報源!
Tracked: 2008-11-24 09:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。