特許庁定例発表 9/25地域団体商標登録査定 紀州梅干など3件 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

特許庁定例発表 9/25地域団体商標登録査定 紀州梅干など3件

特許庁審査業務部商標課地域団体商標推進室は9/25、地域団体商標登録査定3件を発表しました。次のとおりです。

●紀州梅干(きしゅううめぼし) 紀州みなべ梅干協同組合/紀州田辺梅干協同組合 和歌山県
●東伯和牛(とうはくわぎゅう) 鳥取中央農業協同組合 鳥取県
●東伯牛(とうはくぎゅう) 鳥取中央農業協同組合 鳥取県

特許庁ホームページ地域団体商標制度の部屋

和歌山県の「紀州梅干」が地域団体商標登録査定。そして、引き続き「全国・ご当地牛シリーズ」は、鳥取県から「東伯和牛」と「東伯牛」が登録査定です。

和歌山県は、地域団体商標の出願数がさほど多くはないものの、きっちりとクロージング・・・登録査定にもっていきますね。精度の高さはたいしたものです。さっそく、「紀州梅干」を楽天市場で検索してみました。

▼「紀州梅干」

なんと1000件以上の商品がヒット。大激戦区ですね。中でも上手な売り方をしているのはこの「紀州梅干」。


[厳選南高梅 青梅 使用]送料無料で4種類のお試しモニターセット

なんというインパクト。「紀州梅干」と「お試し」という2語検索結果の中にあった「紀州梅干」です。ウェブショップのプロは、しっかりと、お宝キーワード「お試し」を駆使しています。これが消費者目線のキーワード。

ネット上では、「限定」とか「送料無料」、「訳あり」という購買心理をうまくついたキーワードが入っている商品は、売れる可能性の高い商品と言えます。

さて、話しをウェブマーケティングから、地域団体商標に戻しましょう。各都道府県の出願数と登録査定数を比べてみますと、すでに拒否査定を受けている商標も全国でかなりの数にのぼっているのかもしれません。

登録拒否査定が通知されたら、弁理士さんと相談の上、「拒否理由」へを反証をすみやかに蒐集し、特許庁に提出しましょう。

例えば、周知の不足を理由に拒否されている場合、何をすればよいのでしようか・・・。もし、これ以上証拠が見当たらないのなら、楽天リサーチなどのweb上の調査会社に調査を依頼してみるのも一考です。「あなたは東京○○○を知っていますか」といったようなアンケート調査の実施です。

楽天リサーチ
マクロミル

調査対象は全国でも、近県にしぼることも可能。調査サンプル数を5000にするとか、10000にしたりすることも可能です。それなりに費用はかかりますが、1週間もあれば結果が出ますよ。もしかしたら、査定理由に反して、「周知されていた」という結果が得られるかもしれません。「周知されていた」という結果が得られたのなら、その調査結果を特許庁に提出しましょう。

この方法は、登録査定を約束するものではありませんが、特許庁の審査官を納得させるための効果的な反証となることでしょう。

さてさて、周知の不足を覆すことのできる反証がないのであれば、これはズバリ、周知。周知しましょう。これしかありません。ありとあらゆる媒体に目的の商標を露出させましょう。組合も組合員のみなさんも、徹底的に周知しましょう。お金をかけずに周知する方法、いくらでもあるはず。周知をしたら、その都度その証拠を残しましょう。

半年かかっても、1年かかってもいいじゃないですか。決して遅くはありません。






この記事へのコメント
拒否理由ではなく、拒絶理由ですね(笑)

通常は、
出願→登録査定→設定登録料納付→設定登録(=権利発生)ですが、
問題があると、
出願→拒絶理由通知→反論(意見書提出など)→登録査定
または
出願→拒絶理由通知→反論/反論なし→拒絶査定(→拒絶査定不服審判→登録審決)

・・・とまあ、こんな感じの流れがあります。っていうことはどうでもよくて、、

地域団体商標出願が登録されれば、ブランドが構築されるわけではなく、ここからが勝負!商標というシンボルを使っていかに地域の関係者の心を動かし地域資源を活用して産業を活性化させることができるか!と考え。

で、

地域団体商標を登録させ、地域の事業者の活動活性化、売上アップ等成功しているところはないかしら、と探していたら、貴ブログを見つけました。

おもしろいですね。
Posted by べんりひ at 2007年09月29日 04:12
「べんりひ」さん
ご指摘ありがとうございます。
これを機に、ぜひともまたおいでください。
Posted by 凛世 at 2007年10月08日 23:21
こちらこそ、弁理士に頼むように、とお書きいただきありがとうございます。

Web上では「商標出願は自分でできる」などなど書いてありますが、もちろんできます。

しかし登録されるのにミスミス拒絶されてしまう場合もありますし、登録されても、蓋を開ければ、自分が保護したい対象(特に商品やサービス)とずれていた!という場合もあります。

地域団体商標の場合の留意点は、たとえば上記でお書きになっている、周知の立証証拠に関し、商標の使用形態(態様)の一貫性維持に気をつけていただきたいと思います。

ネーミングやシンボルの一貫性は、人々の記憶の中に刻印するうえできわめて重要ですが、商標出願においてもきわめて重視されます。
紀州梅干 紀州の甘い梅干、紀州大梅干・・・などとばらばらに使っていると、証拠資料としては、補足的なものに過ぎなくなるか、全く考慮されない、ということにもなりかねません。
もちろん甘い、しょっぱい、高級、お買い得品など階層やラインを多様化してもよいと思いますが、その場合、たとえば「紀州梅干」と記した後に、記述的文字をヒトマス空けて併記する等の工夫がいいのではないかと思います。

まあ、ケースバイケースですので、実際の場合は、お近くの弁理士さんにご相談してください。

商標登録制度が、実際のブランド構築に役立つことをお祈りしております!
Posted by べんりひ at 2007年10月09日 15:14

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック

®とは?
Excerpt: 【質問】  商品のパッケージやホームページ等でよく見かける、商品名の右上や右下に付いている「R(Rを丸で囲んだマーク)」は何ですか? 【回答】  Rは、一般的に「マルRマー...
Weblog: OKUR商標登録サポートセンター【大阪】
Tracked: 2007-09-28 16:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。