地域ブランドミックス・マーケティング - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域ブランドミックス・マーケティング

去る9月11日、京都で「ワイン談義・甲州ワインと精進料理」が開催されました。
●京都で「ワイン談義」開催/2007年09月09日/朝日新聞山梨

京都市右京区の妙心寺にて行われたもので、主催は、山梨県ワイン酒造協同組合・山梨県中小企業団体中央会・甲府商工会議所。

テイスティングの後のパネルディスカッションは、パネラーに西陣織工業組合の渡邉隆夫理事長、日本最古の花街といわれる「上七軒」から芸妓でソムリエの尚鈴さんなど「京都の旬」を感じさせてくれる面々。

日程の関係で取材はかないませんでしたが、甲州ワインと和食・・・しかも京料理との相性を求めたこの催しは、地域ブランド振興と相互交流、地域政策の観点からも評価に値するものであったのではないかと思います。

地域ブランドの交流といえば、B-1GP (B級グルメグランプリ)が大変な盛り上がりを見せていますね。また、最近では、ブランド地鶏対決・・・話題の「宮崎地鶏じとっこ」をからめた地域ブランド交流が行われています。

●宮崎vs青森 宮崎vs和歌山 2番勝負
ブログ「東国原式」
●九州地鶏対決勃発!宮埼東国原地鶏「じとっこ」が善戦
ブログ「東国原式」

このような地域ブランド交流イベントは、その話題性や販売促進の相乗効果がなどが見込めますから、今後さらに増えていくのかもしれません。キーワードは「対決」と「コラボ」。

●地域ブランドを対決させ、地域おこしでコラボ→B-1グランプリ
●地域ブランドの相性でコラボ→甲州ワインと京料理談義

地域同士が、地域団体商標や地域ブランドを活用して交流していく。地域ブランドミックス・マーケティングがいよいよ本格的に始まった感ありです。

地域魅力を高める「地域ブランド」戦略




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。