地域団体商標表示基準の要点とは - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域団体商標表示基準の要点とは

地域団体商標を登録した協同組合の商標表示や使用にかかる基準をいくつか見せていただきました。表示や使用方法については、どの組合も苦労の跡が見受けられます。

少し気がかりな点といえば・・・、これは、ほとんどの協同組合に共通することなのですが、「表示の方法」がやや不明確なところでしょうか。

「地域団体商標を表示する際、商標名の後ろにRマークを付すこと」

→例) 「道後温泉レジスタードマーク

Rマークは、アメリカの商標法で登録商標に付記することが義務付けられており、登録済み(Registered)を意味します。

日本の商標法では、Rマークの付記は義務付けられておらず、Rマークを付記したからといって法的な効力はありません。慣習上用いられているに過ぎないのです。しかし、Rマークの付記は義務付けられていなくとも、Rマークを付記できるのは登録された商標のみ。逆に言えば、商標権者以外の者、アウトサイダーはRマークを付記すれば詐称。先使用権者ももちろんRマークを付記できません。

どうですか。しっかり自他を区別する表示方法ですよね。

さて、Rマークは有効な手段ですが、そもそも「Rマーク」を知らない人には通用しません。そこで、これを日本語で表示します。

「東京○○○は、東京○○○事業協同組合の登録商標です。」

いかがでしょうか。ちゃんと商標権を行使しながら周知できていますね。しかし、実はこれでもまだ足りません。インターネット対応版は ↓↓↓ コレです。

「東京○○○は、東京○○○事業協同組合の登録商標(地域団体商標)です。」

この(地域団体商標)という6文字を検索エンジンがインデックスしてくれるワケです。例えば、「悲願の登録」と報道された「草加せんべい」を楽天市場で探したいとき、楽天トップページの商品検索ボックスに「草加せんべい」と打ち込み検索をかければいいのですが、表示された商品の内、どの商品が地域団体商標商品なのかはわかりません。

実際に、楽天トップページの商品検索ボックスに「地域団体商標」とタイプしてボタンを押してみてください。

→楽天市場トップページ

「紀州みなべの南高梅」が4件、「球磨焼酎」が2件ヒット。
残念ながら、この2商標6商品以外の地域団体商標登録商品は、先使用権者・アウトサイダーの商品との差別化ができていないということです。

いかがでしょうか。ちょっとした工夫で自他を区別し、地域団体商標登録商品を求める消費者にアピールする方法。実践してみる価値はありそうですね。

さて、実は、実は、これでもまだまだ足りません。さらに、より確実に需要者に自他を明確に区別しながら権利を行使する表示方法は ↓↓↓ コレ。

「東京○○○は、東京○○○事業協同組合の登録商標(地域団体商標)です。(登録第○○○○○○○号)当製品●●●の製造者▲▲▲株式会社は、東京○○○事業協同組合の組合員です。」

いかがでしょうか。地域団体商標を知らない需要者に対しても、組合名と製造者名を明記することにより「安心」をも売ることができます。
もう一つ、欲を言えば、「地域団体商標とは」という簡単な説明文を付けたらどうでしょう。この商品が話題の「地域ブランド」であることもちゃっかりアピールするのもアリかと。これを流通・最終販売者に対し、徹底してもらうワケです。
組合一丸となった総合力で勝負ですよ。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。