特許庁売店の笑えない話 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

特許庁売店の笑えない話

特許庁売店で偽ブランド品=販売業者の真贋見抜けず?4月18日13時1分配信 時事通信

特許庁では「地域ブランドフェスティバル」、まだやってましたよね。パネル展示されている地域ブランドは本物ですが、その地下では海外の偽ブランド品とみられるグッチやコーチのバッグ、財布が販売されていた…。何ともやりきれない、笑えない話です。

何も特許庁の売店で、海外の高級ブランドのバッグや財布を売らなくてもいいのに…。と言うか、たとえ本物であったとしても、庁舎内に海外の高級ブランド品を売るショップがある…その発想がわかりません。

他の省庁にも、公務員さんが休憩時間にブランド品を購入できるショップがあるのでしょうか。

堕落する高級ブランド




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。