地域団体商標を登録したらまずすること - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域団体商標を登録したらまずすること

みなさんの協同組合では、地域団体商標の使用基準なり表示に関する規約等をもう作成されたでしょうか。現在策定中の組合も多いかと思います。そこで、今回は、使用基準を策定中であっても、すぐすべきことをお伝えします。

まず、組合のホームページ。
「(地域団体商標名)」は、東京○○○協同組合の登録商標(地域団体商標)です。
と表示しましょう。

その下に「地域団体商標とは・・・」と地域団体商標の簡単な説明を添えるとなお結構です。

次に組合員のみなさん。自社のホームページには、必ず
「○○○」は東京○○○協同組合の登録商標(地域団体商標)です。「(自社名)」は東京○○○協同組合の組合員です。

さらに、「地域団体商標とは・・・」と一文表示しましょう。組合や会社のお問合せメールフォームにもこれらを表示させてみてはいかがでしょうか。

さて、地域団体商標の使用基準なり表示に関する規約等を策定後は、協同組合はさまざまな展開が必要ですね。組合員のみなさんの会社の包装紙に、手提げ袋に、社用封筒や便箋に、社員さんの名刺や名札に、商品タグや帳票類、営業車など、社外に露出するものすべてに商標を表示させましょう。

(※これは、40年以上権利侵害と戦ってきた、西陣織工業組合のノウハウです。当ブログ左下の記事検索に「西陣織」と入力すれば、西陣織工業組合のノウハウを掲載した記事が検索できます。)

そして、必ず
「○○○」は東京○○○協同組合の登録商標(地域団体商標)です。「(自社の社名)」は東京○○○協同組合の組合員です。
をお忘れなく。

みなさんの商品やサービスのブランド価値は、商標登録されたことだけでは上がりません。まず足元から、できることから固めていきましょう。

上記のホームページの表記は、みなさんが商標権者であることを積極的に周知することを意味します。先使用権者やアウトサイダーができないことをやる。これがブランド価値向上の第一歩です。

さらに更に…行政や中央会などの支援団体、地元新聞社に、これら組合の取組みをリリースしましょう。きっと、いいことが起こりますよ。

<SEO>
組合ホームページと自社のホームページは、相互リンクを張ります。これはSEO的観点からもたいへん有効です。組合ホームページは、必ず地元の中央会のホームページと相互リンクしてください。中央会のホームページはページランクがたいへん高いので、SEOの効果がさらに高くなります。これも、先使用権者やアウトサイダーができないことの一つですね。

組合員さんのホームページは、地元商工会・商工会議所にお願いして被リンクをもらいましょう。早速、新聞広告を打った組合もあります。さらなる周知と権利保護。やってもやり過ぎることはありません。

【送料無料】地域ブランドの戦略と管理




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。