地域団体商標使用(運用)基準策定の基本 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域団体商標使用(運用)基準策定の基本

和歌山県のJAありだでは、登録された地域団体商標「有田みかん」の使用基準を策定、組合員への説明会が行われました。日本農業新聞の報道によると、商標使用基準の骨子は次の通りです。

1 JAありだの組合員農家
2 生産資材の適性使用と生産履歴の記帳
3 「有田みかん」としてふさわしい品質基準(苦情のこないレベル)

真の「有田みかん」へ地域商標でシンポ/和歌山・JAありだ【近畿】(日本農業新聞3/17)

「苦情のこないレベル」というのがちょっと気になりますね。もちろん、組合員さんは「お客様に喜ばれるレベル」を目指されていることでしょうが。

「ブランド価値をさらに高めるにはどのような基準が必要なのか」
地域団体商標使用基準の作成の際にはこんなことを念頭に置かれてみてはいかがでしょうか。常により高いレベルを目指す、その志の高さが使用基準の精神なのかもしれません。

会社の商標実務マニュアル 登録からブランド防衛まで




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36690719

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。