「京ゆば」の6年 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

「京ゆば」の6年

京都湯葉製造販売事業協同組合が、6年がかりで地域団体商標「京ゆば」を登録したとのネットニュースに触れました。

おめでとうございます。


京都は、その歴史と伝統が足かせとなって、地域団体商標の登録が足踏みするケースが見られてきました。

本来なら、登録数はもっと伸びてもおかしくないと考える関係者も多いのではないでしょうか。

「京都湯葉製造販売事業協同組合が6年がかりで・・・」
との京都新聞の報道は、「京ゆば」の新時代、京都の新しい伝統の創生を感じさせてくれます。


地域団体商標を出願できる組合のひとつ、「事業協同組合」は、地域の事業者を網羅した業界団体を形成していることもあれば、同士的につながる業者のみで設立されることも多々あります。

後者の組合が地域団体商標を出願しようとすると、必然的に軋轢が生じる中、京都湯葉製造販売事業協同組合が目指した「京ゆば」のあり方は、業界全体で「京ゆば」を共有し、真の京都ブランドとして確立していくことにあったといえるでしょう。


6年という歳月は、京都の湯葉業界が大同団結に至る準備の期間。決して無駄にはなりませんでしたね。

理事長さんをはじめ、関係者のみなさんの心意気に敬意を表します。




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。