地域ブランドとインターネットの関係 権利侵害への対応を! - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域ブランドとインターネットの関係 権利侵害への対応を!

インターネットで登録査定された地域団体商標を検索すると、思わぬ発見をすることがあります。特に、ネットモールで商品を探してみると顕著。みなさんも、楽天の検索窓から、任意の地域団体商標を打ち込んでみてください。

いかがでしょう。「扱っていない商品は無い」といわれる楽天で、驚くことに、販売されていない地域ブランドがけっこうたくさんあったりします。

もったいないですね。「京菓子」の多くが、その地に行かなければ手に入らない…こんな売り方があることは解ります。しかし、そこをアウトサイダーは見逃しません。虎視眈々と狙ってきます。

一方、一般名称化寸前の地域ブランドも見受けられます。登録出願した本家本元の協同組合と何ら関係の無いと思われる他府県産の商品がザクザク出てきたり。危ないですね。早く手を打たなきゃ。

みなさんは商標権者です。特に、ネットモールで検索してヒットした商標の使用が適正かどうか、もっと敏感になるべきです。せっかく地域団体商標を登録しても、手の打ちようが無いほど荒された地域ブランドがすでにたくさんあります。

文字商標は、その文字が命。インターネットも文字…ワード…検索窓に打ち込むキーワードが命なのです。

インターネットは、商標権者であろうが、アウトサイダーであろうが、斟酌しません。その文字の表示の強さ、施されたSEOやSEMの強さで検索順位が決まります。ヤフーの検索結果の1ページ目に、グーグルの検索結果の1ページ目に表示させた者が勝ち。

実は、みなさんの組合が、みなさんの事業所が、インターネット上でも、リアルのご商売でも、その地域団体商標の厳格で適正な運用を行えば行うほど、実は、この検索順位はおもしろいほど上がっていきます。本家本元だからこそ、ネット上でも負けない方法があります。インターネット上の商機を逃してはなりません。

⇒権利侵害の調査と対応
⇒登録した地域団体商標のネット上でのさらなる周知
すぐに対処されたいものです。

商標権侵害と商標的使用




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33309419

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。