ウィキペディアに「地域団体商標」を刻もう - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

ウィキペディアに「地域団体商標」を刻もう

今回は、みなさんに百科事典をプレゼントします。といっても、この百科事典は未完成。みなさんが完成させなければならない百科事典です。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ウィキペディアは、ネット上で自由に、そして無料で利用できる百科事典。今、注目されている「web2.0」という次世代ウェブの基本概念に基づいて設計・運営されています。現在、ウィキペディア日本語版には約28万件の項目があり、だれでも記事を投稿したり編集することができますよ。

それでは、ウィキペディアで「地域団体商標」を検索してみましょう。

<抜粋>
地域団体商標(ちいきだんたいしょうひょう)は、日本の商標法において、地域の名称と商品または役務の名称を普通に用いられる方法で表示する文字のみからなる商標等であって、一定の範囲で周知となったため、事業協同組合、農業協同組合等が商標登録を受ける商標をいう。2006年10月27日に第一弾として52件が認定されている。詳細は「地域ブランド」を参照のこと。
<ここまで>

上記はウィキペディアの中で、地域団体商標について説明した内容の、ほんの一部を抜粋したものです。

<2006年10月27日に第一弾として52件が認定されている。詳細は「地域ブランド」を参照のこと。>の「地域ブランド」がハイパーリンクになっていますね。ここをクリックしてみましょう。ウィキペディアの「地域ブランド」にジャンプします。

さてさて、ちょっと画面をスクロールしてみてください。先に登録査定された52件の商標がでてきます。すると、気がつきました?文字がブルーになっている商標は、すでにウィキペディアにその項目として存在する商標…12件。文字が赤の商標は、ウィキペディア内に未だ項目の無い商標です。

ウィキペディアは自ら作り上げる百科事典。ぜひとも、あなたの組合の商標をインターネット百科事典に登録しましょう。あなたの書き込みが、百科事典の一部になりますよ。もちろん、「(商標名)は(組合名)の登録商標です」という一文をしっかり刻み込んでください。また、すでに項目として存在する商標についても、情報の更新はお忘れなく。

さて、ウィキペディア百科事典「地域ブランド」の説明の最上部。

<ここから>
地域ブランド(ちいきブランド)とは、2006年4月の改正商標法によって、認められた特定の地域名を冠した登録商標のこと。正式には地域団体商標と言う。これまでは全国的な知名度がなければ登録は不可能であったが、出願団体がそのブランドを地元や隣接都道府県に広めたことが確認できれば、登録が認められるように要件が緩和された。
<ここまで>

「地域ブランド」イコール「地域団体商標」と説明されていますが、これは狭義にすぎますね。

地域ブランドの定義については、当ブログ10/26地域ブランドの定義の中に、引用だらけの文章を書いていますが、私自身は、この定義付けには満足していません。いずれ、みなさんにわかりやすく「愚論」を発表させていただきます。

ウィキペディアで何が起こっているのか




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26753841

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。