海外を視野に入れた地域ブランド戦略の構築 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

海外を視野に入れた地域ブランド戦略の構築

京都・西陣織工業組合が、登録商標「西陣織」を登録するきっかけとなったのは、40年ほど前、海外で「西陣織」ネームタグの入ったネクタイが製造されていたことに起因すると言われています。

本年4月から始まった地域団体商標制度下、ジャマイカ、カナダ、イタリアからそれぞれ登録出願がなされていますね。これは、外国における商標権取得の重要性を示唆しているものとして話題となりました。

この、外国における商標権取得の重要性について、本日の岩手日報にたいへん参考となる記事が掲載されました。ご紹介します。

経済ロビー 地場産品の商標権 岩手日報10/31

輸出が多い地域ブランド産品は、海外商標戦略を視野に入れなければなりませんね。岩手日報の経済記事の切り口は、いつも斬新です。

国際商標戦略






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。