遊休農地と空き店舗でブランド化 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

遊休農地と空き店舗でブランド化

埼玉県では、遊休農地を活用して黒ゴマ、ブルーベリーなど県内では珍しい農産物を栽培し、地域ブランド化する動きがあるそうです。

「スローフード」「デトックス」「アンチエイジング」「食文化」「食育」といった現代が求める「食」を、ぜひとも埼玉県から、新しい地域ブランドとして構築されたいものです。

遊休農地を有効活用 県と農家“ヒット商品”開発へ web埼玉10/1

さて、遊休農地は全国で問題化していますね。並列して例示するのは乱暴かもしれませんが、遊休農地問題と商店街の空き店舗問題は、よく似ていると思います。後継者育成や新規就・開業、その有効活用法など、いくつかの類似点があります。

例えば、「遊休農地と空き店舗」という問題を、農業者と商業者がディスカッションしたり、シンポジウムを行ったりできないでしょうか。双方に新しい発想や策を生むことができるかもしれませんね。

ふだんはマッチングしにくい「農」と「商」。農協中央会やJAと、中小企業団体中央会や商店街振興組合連合会・商工会・商工会議所などが連携してこのようなイベントを行う。こんなことも必要な時代なのかもしれません。






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック

デトックス
Excerpt: メタボリックだのデトックスだの最近話題の健康法 現代社会を暮らしていく上では、どうしても体内に人体に悪影響を及ぼす化学物質(主に重金属や合成化合物のうち、特に有害なもの)が蓄積され、また自身の体内..
Weblog: 世界萌え萌え旅日記
Tracked: 2007-02-27 11:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。