「ダブルネーム」戦略で活きる地域ブランド - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

「ダブルネーム」戦略で活きる地域ブランド

平日の午後11時はテレビ東京にチャンネルを合わせる・・・そんなビジネスマンが多いと聞きます。翌朝、あるいはランチタイムには前夜の「あの話題」で花が咲くといったところでしょうか。

新商品やアイデア商品、経営・マーケティングから経済動向など、幅広くトレンドを紹介してくれるのがおなじみのWBS。テレビ東京のワールドビジネスサテライトですね。

そのWBSで3月12日、地域ブランドの活用事例が放映されました。テーマは「ダブルネーム」です。

ダブルネーム=地域ブランド×企業ブランド

若者に人気のブランド「BEAMS」では、地域ブランドとコラボして新商品を続々と開発し、双方のブランド名を冠した「ダブルネーム」商品がヒットしているとのこと。例えば、新潟県燕市の洋食器×BEAMS。世界一といわれるステンレス加工技術で作られるマグカップには、Made in TSUBAMEのロゴマークとBEAMSの刻印が・・・。

技術はあるが直接消費者の顔が見えない作り手。自らは作らないものの、市場の気配を読むことができる売り手。ダブルネームの展開は、双方に計り知れないレバレッジを利かせてくれることでしょう。

さて、今、手元に「ELLE」と「DAKS」。数本のネクタイがあります。これら高級ブランド・ネクタイは、実は京都の西陣で織られているそうです。残念ながら、タグには「NISHIZIN KYOTO JAPAN」の文字はありません。ライセンスの関係で「西陣織」を表示しないものもあるようですが、この「ダブルネーム」戦略、早速取り入れてみてはいかがでしょう。

作り手、売り手、買い手。三方よし。
みなさんの地域ブランド商品も「ダブルネーム」でレバレッジを利かせてみませんか?

▼ダブルネーム・コラボ商品一覧




この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257294999

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。