地域ブランド?東京でロイド人形が復刻 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

地域ブランド?東京でロイド人形が復刻

セルロイド人形の話題です。

団塊の世代の方々は、なぜか「ロイド人形」と略して言いますよね。さて、そのロイド人形が約50年ぶりに復刻され、インターネットでは密かなブームとか。復刻したのは足立区の平井玩具製作所さん。当時の金型がしっかり残っているというから驚きです。

このロイド人形。先週末、中央区日本橋人形町の人形町通り商店街で開かれた「人形市」で展示・販売されました。東京はもともと玩具の一大産地。戦前、加工しやすいセルロイドを使用した人形は特にアメリカへ輸出され、多くの外貨を稼いだそうです。しかし、昭和30年代初頭には素材の高い引火性が問題となり、製造も下火に。

ちなみに、戦後、木工玩具からプラスチック玩具に乗り換えたのがプラモデル王国・静岡県静岡市。
全国生産の89%を占めています。タミヤにはお世話になりました。

もう一つ、静岡県は雛人形製造メーカーもたいへん多いですね。プラモデルと同じく、立派な地域ブランドといってもいいかもしれません。

ロイド人形からすっかり話しが外れてしまいました。
50年ぶり復刻のセルロイド人形『人形市』で展示、販売へ (中日新聞10/6)






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。