住宅情報誌編集長から見た「地域ブランド」 - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

住宅情報誌編集長から見た「地域ブランド」

ブログのことを「日記でしょ」とかたづけてしまう人もいますが、なかなか奥が深かったりします。ヤフーのブログ検索から「地域ブランド」を検索してみてください。当「地域団体商標・地域ブランド情報」も含め、ブログ12件、898記事がヒット。様々な切り口から種々の意見や主張があって、ついつい読み漁ってしまいました。

<ここから>
地域ブランドというと広告代理店的なにおいがして(実際代理店の次のターゲットは地域全体だろう)、観光地化や特産品づくりといった従来型の町おこしが連想されるが、地域ブランド構築の基本は「住みたくなる」「長く暮らしたい」まちをいかにつくるか、にあるはずだ。

こう考えると、地域工務店が地域ブランドの構築に貢献できることは結構あるように思う。まずは家並み、街並みを意識することから、だろうか。
<ここまで>

これは、住宅情報誌編集長さんが、不動産業界の視点から「地域ブランド」を言及したご意見です。…地域ブランド構築の基本は「住みたくなる」「長く暮らしたい」まちをいかにつくるか…そのとおりだと思います。

このブログでもご紹介させていただいた帯広の「北の屋台」のみなさんや、能登の「金蔵学校」のみなさんの志しの高さは、どんな大都市にも負けてはいませんね。






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。