ヨーロッパの地域ブランドは「原産地名称保護」でブランディング - 地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

ヨーロッパの地域ブランドは「原産地名称保護」でブランディング

日本では、地域名+商品名(サービス名)を商標登録する「地域団体商標」は生まれたての制度ですが、今回は先行するヨーロッパから、原産地名称を保護する制度をご紹介します。

農産加工品の地域ブランド化が急を告げている中、原産地表示は消費者が商品を選ぶ重要な要素となりつつありますね。長野県・佐賀県ではすでに同様の制度を取り入れているそうです。

地域団体商標登録後、各組合の具体的なブランド保護策や、需要拡大・販売促進ビジョン策定のための大きなヒントになるかもしれません。

欧州版の「町おこし」、「原産地呼称」で品質向上 (8/24読売新聞)






この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。