地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

おしい!広島県 鍋薬味にんにく

4月6日土曜日。

某、大手スーパー入口近くのワゴンに山積みされていたのが
広島・田中食品さんのふりかけ。

ポップには、大きく「7円」の表示。
すると、「7円」の表示に興味を示したのか、女性客がワゴンに近づき、商品を改め、ワゴンに戻す。


おしい!広島県。
商品名は、「鍋薬味にんにく」。

鍋の季節、終わっちゃいましたね。



ある陶磁器産地でのこと。
高名な作家の作品も含め、「一籠いくら」で卸商同士が取引きしてるのを見たことがあります。

アパレル品も、1パレット単位で、一倉庫単位で叩き売られていくのを見たことがあります。

この「鍋薬味にんにく」ふりかけも、季節の終了とともに安く手放されたものが、セール品として流れてきたものでしょう。


昔から、産業には「つくり手」と「売り手」がいて、それぞれの商売の発想や思惑はぜんぜん違うんですね。

「工」が丹精込めて作ろうが、魂を入れようが、「商」は淡々と安く仕入れ、より高く売ることを考えます。



このように考えると、この大手スーパーは考えが浅いのかもしれません。
「かまっちゃ、いないよ」と言われればそれまでですが



この「鍋薬味にんにく」。
ビビっときました。


20袋を税込140円で購入。
我が家では、

ラーメンに一振り。
お味噌汁に・・・
チャーハンの隠し味に・・・
野菜炒めに・・・
焼き肉に・・・


カリカリに焼かれた、たっぷりのにんにくスライス。
「鍋薬味にんにく」が様々な料理に使えるのが、おしい!
おいしいから、なお惜しいんです。


●広島の田中食品さんは、この商品を鍋用に限ったのが、惜しい。

●某大手スーパーは、消費者目線で「ラーメンがさらにおいしく」とか、気のきいた手書きポップでも添えれば、数倍の儲けとなったのに、惜しい。


ホントにおしい!広島県
鍋薬味にんにくはおいしいのに。


●広島・田中食品さんのふりかけラインナップ

●田中食品ネットショップ[ヤフー]




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。