地域団体商標・地域ブランド情報

▼地方自治体連携プロジェクト「まち楽」
「まち楽」楽天市場発 ニッポンを元気にしよう!プロジェクト

▼「地域を売り出す!ネットショップ成功事例レポート」
インターネットで販路拡大!楽天市場の出店資料請求はこちら

「音の商標」と「立体商標」

今日、同志社大学でゲストスピーカーの弁理士さんから商標の講義をお聴きする機会を得ました。その講義の中で興味を持ったのが「音の商標」と「立体商標」です。

まずは「音の商標」。

アメリカのバイクメーカー、ハーレーダビッドソンは、あの独特な排気音を商標登録されているそうです。ハーレーといえばV型ツイン1200cc/2気筒。吸入→圧縮→爆発→排気の4ストロークを繰り返すのが4サイクルエンジン。

かつて、YAMAHA DT250Mに乗っていた頃、近所にハーレーのお店があって、馴染みの店主さんに尋ねたことがあります。
「ハーレーって、どうしてこんなに独特の排気音なんですか」。
「オレはねぇ、ハーレーって4サイクルじゃなく、5サイクルだと思ってるんだよ。つまり、吸入→圧縮→爆発→排気じゃなくて、吸入→圧縮→漏れ→爆発→排気。おおらかな思想で設計されたエンジンだから、きっとどこか漏れてんだよ。だからこんな音がするのかなぁ・・・。でも、ハーレーはこれでいいんだよ」。
納得したような納得しないような・・・。

F1の中継を見ていると、フェラーリの排気音は、澄んだ甲高さが魅力ですよね。ホンダエンジンも、その排気音は昔から「ホンダミュージック」と言われています。世界の商標制度では、フェラーリもホンダも、そのエグゾーストノートを商標登録できるのかもしれませんね。

欧米の商標制度では、この「音の商標」のほか、「視覚の商標」、「触覚の商標」、「香りの商標」なんてのもあるそうですから驚きです。

さて、今日の講義の中でもうひとつ興味を持ったのが「立体商標」。こちらは、我が国でも制度化されているそうです。早稲田大学の大隈重信像、ケンタッキーフライドチキンのカーネルおじさんなどが日本でも登録されているとのこと、おもしろいですね。

さっそく調べてみたら、不二家のペコちゃん・ポコちゃん、かに道楽の動く蟹の看板も立体商標として登録されていますね。

さてさて、なんと偶然にも今日のニュースに「立体商標」に関する記事がありました。

●コーラ瓶の形はブランドの象徴…知財高裁が商標登録認める/5月29日19時59分配信 読売新聞

容器では初の立体商標登録はコカ・コーラです。今日は、学生たちも地域団体商標から少し離れて、たいへん有意義な講義だったようです。

楽天で「立体商標」を検索したらコカ・コーラがヒットしました。
ボトルデザインはアソートとなります。お選びいただけませんのでご注意ください。【ご注意:同...

コカ・コーラ190ml(専用箱出荷・24便・瓶入り)
価格:3,074円(税込、送料別)

【緊急】海外における商標保護・商標権侵害への対応について

風薫る5月。若葉の頃。
事業協同組合の総会シーズンとなりました。

さて、近年、中国国内において、日本の地名や地域ブランド名が中国企業等により商標登録されるケースが表面化し問題となっています。

海外の企業や個人が、海外で日本の地名や地域ブランド名を商標登録すると、今後、日本国内の企業が地域ブランドを当該国に輸出した場合、商標権侵害となることがあります。
また、海外企業が作った商品がわが国の地域団体商標登録商品と同じ名称のまま、海外に広く流通する可能性があります。

組合等関係団体においては、地域団体商標・地域ブランドを守っていくため、次の対策をお急ぎください。

○組合で、海外の商標登録情報の収集を行ってください。商標権侵害の恐れがある場合には、都道府県庁商工・農林水産部署、都道府県中小企業団体中央会、JA、ジェトロ、発明協会等にご相談されることをおすすめします。

○地域団体商標・地域ブランド商品等を輸出している場合には、輸出先国の商標法に則って商標登録を行ってください。

○輸出を行っていない場合であっても、地域団体商標・地域ブランド商品の類似商品が国外で生産されている場合には、日本国内に輸入されたとき、組合員がそれらの商品に地域団体商標を表示しないよう協同組合内で意思統一を行ってください。技術移転等により海外で生産される地域ブランド類似商品への地域団体商標の使用は避けてください。

○輸出を行っていない場合であっても、地域団体商標・地域ブランド商品の類似商品が国外で生産されている場合には、それら商品が海外に広く流通し、地域団体商標商品等のブランド価値を著しく損なう恐れがあります。この場合にも、国際商標登録を行うことを強くおすすめします。

○地域団体商標・地域ブランド商品名等が、既に海外にて商標登録されている場合であっても、無効審判の手続きにより登録を無効とすることが可能な場合があります。都道府県庁商工・農林水産部署、都道府県中小企業団体中央会、JA、ジェトロ、発明協会等にご相談されることをおすすめします。

<ご参考>
わが国商標法に則って、海外より出願された地域団体商標のうち、2008.05.07時点で次の2件の商標が登録査定に至っています。

●PROSCIUTTO DI PARMA (ぷろっしゅっと でぃ ぱるま)
 コンソルツィオ デル プロッシュット ディ パルマ/イタリア

●カナダポーク (かなだぽーく)
 カナダ・ポーク・インターナショナル/カナダ

見ればわかる!外国商標出願入門




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。